変化を受け入れる

コロナのこともあって、多めに頂いたGWも終わり

しばらくは祝日もありませんのね。

 

GWは溜まっていた録画をかなり消化した。

見ておいて良かったと思ったのが『Fukushima 50』。

アタシ、何にも知らなかったなぁって。

あの時、テレビで見る原子力発電所の建屋の中でたくさんの人達が

こんなに頑張ってくださってたんだな。

それぞれ色々な思いをもって、死をも覚悟して。

知れて良かったとつくづく感じた。

 

 

コロナが猛威を振るって、今までの日常が日常でなくなりつつある今。

それでも、アタシは生活できてるし、生きている。

アタシの日常は大きく変わったところはない。

バンドの練習と合唱の練習はほとんど皆無だけど、

アタシ自身はクラリネットも吹いているし、歌の練習もしている。

「今までの日常が無くなった」というよりも、

「日常を変化させてみる」ってことなんだろうな。

 

当たり前だと思っていたこと、ずっと続くと思っていたことも

延々と続くわけではなくて、続けていきたいのなら変化させないといけない。

アタシの生活に関しては、そういう感じかな。

変わることを受け入れていけば、今のアタシはもっと楽になれる。

こだわりを捨てれば、楽になれる。

楽しく生きるために、楽になるために、工夫せねば。

 

f:id:marucasa:20210511105008j:plain

 

GW中に、やっとコタツ布団を洗って仕舞った。

部屋がスッキリして、広々して、気持ち良かったな~。

冬に快適に過ごすためのコタツも、暖かくなってきたら不要。

春から夏にかけては、スッキリした部屋が心地よい。

こうやって、ちゃんと変化を受け入れてるとこもあるんやから大丈夫。

 

こんな時だけども、自分が心地よく過ごせるように

どんどん変化を受け入れていこうね。

3月を振り返って

3月も今日が最終日。

1年の4分の1が終わってしまった。

 

3月はちょっとしんどかったなぁ。

楽しいこともあったけどね。

記録として残しておきましょう。

 

一番しんどかったのは、息子と何度か衝突したこと。

高校生にもなれば、しっかりと自我も確立してきて

自分の意見ももってらっしゃいます。

ただその「個」としての在り方とか、意見がアタシが良しとするものばかりでなく。

 

「ああ言えばこう言う」「こう言えばああ言う」で、疲れました。

小さい頃ならば

「ぐちゃぐちゃ言わんでええねん!『はい』は?!」

と、おさめれたところも、そんなことできるわけもなく。

真向と反抗してくれる分にはある程度こちらの意見を言ったり、

叱ったりもできるのだけれど。

 

こちらには YES の顔をするものの態度は NO だったり。

口では YES なのに、やることは NO。

これほんと、対処のしようがない。

向こうにしてみりゃ、「うるせぇな、ほっとけよ」ってとこだろう。

ほっとけりゃいいんだけどね。

 

それで、ある日思ったのでございます。

息子が云々というよりも、

これはアタシにとって何度目かの子離れの時期なんだな、と。

息子に対する関わり方を、また少し変化させる時期が来たんだなあと。

未だ、どう変化させるべきかはよくわからない。

わからないが、わからないなりに「息子なら大丈夫」と自分に言い聞かせ、

息子のことより自分の世話をしようと思った。

今はそんな感じ。

 

f:id:marucasa:20210331134617j:plain

 

いいこともあったので、これも記録。

めでたくお誕生日と術後4周年記念日を迎えることができた。

父、母、妹からお誕生日のお祝いをいただき、

お友達からもお祝いの言葉をいただき。

ありがたいことだ。こんなに元気に日々過ごせてるんやもん。

で、ずっと気になってたケーキを自分の為に予約いたした。(笑)

見た目もテンション上がるけど、味が想像以上!!

ほんとに美味しかった~。五感で楽しんだ。

 

3月はしんどいこともあったけど、たくさんの気付きもあり

多分、ちょっとレベルアップできたと思っている。

終わり良ければ総て良し。

さて、4月もしっかり生きよう。

 

f:id:marucasa:20210331134609j:plain

 

3月

あれよあれよという間に、2月が終わった。

えぇぇぇぇ!って感じ。

ボヤっとしてたらどんどん過ぎてくなぁ。

 

そう思いながらも、この土日はボヤっと過ごしてしまった。

溜まった録画を消化しているつもりが、いつのまにか眠っている。

タツに入ったら最後、座ったままでも眠っていた。

なんと生産性のない休日。

3月はもう少し、しっかり予定を立ててみよう。

 

とは言え、2月はスマホの中身の断捨離は結構したかな。

写真にメールに、使わないアプリ。

会員登録してるけど、もう使ってないとことか。

そんな中の1つで、ポイントが貯まってて2月に消えちゃうのを発見。

全ポイント、ルイボスティーにした。

f:id:marucasa:20210301122627j:plain

この冬は暖かい緑茶、コーヒー、紅茶をよく飲んだ。

でも、カフェインが入っているせいか、すごい便秘になってしまったり。

軽く脱水症状おこしていたんだろうなぁ。

ルイボスティーはノンカフェインなので、アタシにはいいかもしんない。

せっせと飲みますよ。

 

さぁ、3月だ。春もすぐそこ。

なにしよっかなぁ~。

どこいこっかな~。

誕生月でもあり、手術した月でもあり、何かと思い入れのある月。

しっかり楽しもう。

ご飯をつくること

気が付けば、1月が終わってしまった。

何したっけ?

 

 

最近、日曜日に月曜の晩御飯と料理の下ごしらえすると

その後の1週間が楽ちんだな~と気付いた。

月曜は晩御飯の支度をしなくて済むので、

弁当の仕込みしたり、火曜の晩御飯の準備を少ししてみたり。

家事の前倒しってやつでしょうか。

 

今、食べる分を、今、作っている。

後ろには腹を空かせた奴らがまっている!

という状況だと、イライラしてプンプンしながらご飯を作る。

でも、今、作ってるのは明日の分だ~と思えばイライラしない。

多分、アタシは料理そのものは嫌いじゃない。

時間がないという、心の切迫が嫌なのだ。

それも、自分が勝手に感じて勝手にイライラしてることではあるけれど。

 

そんな感じで、心に少しばかりの余白ができたら

パンを焼いてみたり、おやつを作ってみたりするようにもなった。

f:id:marucasa:20210202113247j:plain

 

こないだの日曜に作ったのは、おからクッキー。

袋の中で全部混ぜて焼くだけという簡単なもの。

ソフトでなかなかのお味で、家族からも好評だった。

これはまた作ろう。

 

 

今日は節分。

夜ごはんは恵方巻イワシを買いに行く予定。

あとは作り置きしたものを食べる。

そして、恒例の豆まきをするのだ。

高校生になった息子は、一緒に豆まきしてくれるのだろうか・・・。

 

2021年 初ブログ

あけましておめでとうございます。

 

もう14日ですけど。

年末年始に長いお休みいただいて、あっという間に1月半ば。

昨日は2度目の緊急事態宣言。

 

そんな中、昨夜は所属クワイヤーでのオンラインミーティング。

今後の活動についてのミーティング。

そこで感じたのは、【危機感】の違いと【活動】への考え方の違い。

 

色んな職業の方がいるし、家族構成も違うので、違ってて当たり前。

色んな意見もでた。

色々あるけど、「で、アタシはどうしたい?」なんだなぁと感じた。

アタシはアタシが心地よく感じるようにしていけばいいというか、

そうすべきだな。

 

危機感に関しては、そもそも人とあまり接触することがないせいか

アタシはちょっと意識が低かったかもしれない。

かといって、あまり神経質になるのもどうかとは思うが。

予防に関しても人それぞれのラインがあって、

団体行動はそこんとこ難しいなぁと実感。

しばらくは、1人でできることに専念するのがいいのかもしれない。

 

ちょびっとばかし、低空飛行の気持ちではあるが

まぁ、そんな時もありますな。そのこと自体にはあまりクヨクヨしません。

低空飛行、ドンと来いっ!!

 

 

今年はいつも初詣に行っていたところは、元旦混むであろうと予想し

12月に先取りで行ってきた。

後で知ったけど「幸先詣」というらしい。

で、元旦はお墓参りと近くの神社へ行ってきた。

 

去年のお正月はインフルエンザに罹って、1人家で隔離状態。

体もしんどいし、しんどいから気も落ちるし、ほとんど鬱状態

それを思うと、健康に初詣できたことに本当に感謝だ。

家族そろってお参りできて、本当に幸せなことだ。

 

毎年2日には実家での宴会があるが、今年は取りやめ。

去年はアタシ1人参加できなかったので、2年連続での残念に。

来年はみんなで集まれますように。

家族3人でのお正月なので、初めてお正月料理をしてみた。

ほんのちょこっとだけ。

 

f:id:marucasa:20210114111052j:plain

 

今年は黒豆が上手にできた。息子にも褒められた。

来年もこれくらいならできそうかな。

 

できないこともあるが、できるようになったこともあるな。

今年はそんな1年なのかもしれんね。

 

できない中で、できることを探す、できることをやる、できるようになる

 

どんな日でも良い日であるし、

どんな年でも良い年であるよね。

今年もゆるゆると楽しみながら生きていきましょう。 

クリスマス卒業

気が付けば、12月も終わり。

クリスマスになっておりました。

 

息子が小さい頃は、プレゼントを買うのに四苦八苦していた時期。

去年は受験があって、クリスマスどころじゃなく・・・。

昨日「何か欲しいものある~?」って聞いてみたけど、

「ない。」の一言。

もうクリスマスプレゼントは終わりかな。

これからは、クリスマスらしいご飯だけでいいのかな。

そのうち、友達とか彼女とお出かけしたりするんだろうな。

 

息子がクリスマスから卒業しかけてはいるが、

母は珍しく、今年は早くからクリスマスの飾りをした。

やっぱり楽しいよな~。

 

来年は、玄関の棚を季節ごとに色々変えていこう。

自粛生活で、時間の流れが感じにくくなってるけど

時間は流れてるし、季節も巡ってる。

ちゃんと季節を感じれるように。そうしよう~。

 

さて、昨日、クリスマスイブは歌のレッスンへ。

今年最後の歌い納め。

今取り掛かってる歌のレッスンに加え、

年が明けてから挑戦してみる歌もピックアップ。

歌も、来年はもっとがんばりたい。

元気なこの体を使えることに感謝しながら、

自分が笑顔になれるような、ワクワクするようなことをたくさんしたい。

 

レッスン中に、遠くに走るドクターイエローを見た。

見ると幸せになれるらしいから、

来年のアタシも幸せになれること確定。

 

もう少し残ってる今年で、やることやって

来年の準備もすすめよう。

今年の終わりに「今年もええ年やった」と言えるように。

ていねいな暮らし

9月だったかな。ぬか床を買ってみた。

ずっとしてみたかったけど、お世話が大変かなぁと尻込みしてた。

無印良品のぬか床が混ぜなくてよく、楽チンそうと知ったので購入。

 

 

www.muji.com

 

 

買ってすぐの頃は、塩辛かったけど、ここんとこ良い塩加減。

昨日はカブを漬けてみたけど、これが美味しかった。

ほんのりとカブの甘味があって、いい感じ。

 

ぬか漬け食べると、お腹の調子も良くなるような気がする。

便秘気味なアタシですが、ちょっとマシかな~。

体にも合って、味も好みならば言うこと無しだな。

 

混ぜなくていいとは言え、野菜を漬け込むときはぬか床を手でコネコネ。

野菜を埋めて、ぎゅっぎゅっとしてると、気持ちいい。

ぎゅっぎゅっとしてる自分も好きだったりする。(笑)

 

ていねいに暮らすことが、アタシの理想。

ぬか床はアタシにとって「ていねいな暮らし」の1つなんだな。

もっとたくさん「ていねいな暮らし」と感じれることを見つけて、

もっとこだわっていきたいな、って思う。

そういう自分のこだわりたいことを大切にしたいな、って思う。

 

「忙しい」と思える時間の中でも、「ていねいな暮らし」はできる。

「忙しい」に振り回されつつも、ていねいに日常を重ねていきたいな。